札幌⇔大阪の引越し 安い料金の業者探し【損をしない方法はコレ!】

関西・近畿のメイン都市の大阪と、日本の北の大都市・札幌市は生活習慣の違いから以前はめったに北海道で関西人を見かけること稀でした。せいぜいニセコやルスツのようなスキー場で関西弁を聞くことがあるくらいだったかも。

ですが最近では西日本と北日本もボーダーレスとなり関西の大阪から北海道の札幌にたくさんの人がやって来ています。もちろん観光で訪れる人だけでなく仕事や学校のために大阪⇔札幌の引越しは頻繁に行われるようになっています。

進学や就職、結婚など、人生の節目には引越しをする機会が多いものです。引越しを行う際、多くの人はプロの引越し業者を利用しますが、こうした業者が設定する引越し費用は、各会社によっても違いがありますし、それぞれが提供するサービスの内容にも差があるものです。数多くの引越し業者の中から利用する会社を選ぶのは、引越しをそれほど経験していない人にとっては難しいものです。
引越し業者を選ぶ際に、最もわかりやすい基準となるのがその料金ですが、こうした引越しにかかる費用は、大体のところで相場が決まっています。

大阪と札幌間を引越しする際にかかる費用を例に挙げると、

  • ☆単身者の引越しの場合で60,000円から250,000円
  • ☆夫婦だけの世帯では80,000円から350,000円
  • ☆これに子供が加わる家族単位での引越しでは100,000円から450,000円

といった費用が相場となります。

だから! 大阪-札幌間の引越しを予定してるなら、絶対に各業者の見積もりを比べてみないとダメなのです! 損したくなかったら絶対にコレです!!

札幌⇔大阪の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

こうした相場と、それぞれの会社の見積りを見比べることで、その会社の提示する金額が高いのか安いのかを判断することができます。また、各会社では、独自の引越プランをそれぞれが用意しており、その内容にも違いがあるため、見積りの金額だけを比較するのはあまり良い方法とは言えません。

業者によっては、基本料金はそれほど安くなくても、無料で付属するサービスが豊富である場合もあるため、トータルで考えると費用が安く済むこともあります。こうした各業者の情報をまとめて確認しやすいのが、多数の引越し会社が登録しているポータルサイトです。こうしたサイトでは、各業者に一括で見積を依頼することができたり、それぞれの会社が提供するサービスの詳細な内容を確認することができます。

そのため、それらの情報を比較しやすく、また各会社の公式HPにもリンクが貼られているため、手軽に情報を集めることができます。引越しの際は何かと手間を取られるものですから、こうしたサイトを利用するのは非常に有効な方法です。

引越し荷物の輸送のサービスには割り勘便やチャーター便などの呼び方があります。遠距離の引越しでは都道府県によっては業者によっては得意・不得意な区間ということもあるので、そういう時には札幌市と大阪間の費用に開きが出るので一括見積もり比較でチェックをしましょう。ある地域では名前を聞くことが多い、その地域に限定して営んでいるいわゆる中小業者(赤帽も含む)は限られた区間を特に専門に扱っていることがあります。県内はもちろん隣接県の近い距離の引っ越しで熟練した作業をしてくれます。それだからこそ引越し開始から終了までの作業が他業者よりも早く終わり、格安業者として評判となるのです。

定額サービスと思われがちな単身向けのプランですが、著名なワンルームパック(日通)は週末価格があり、5000円ほど価格がアップします。同じく最大手のクロネコヤマトの単身向けプランはシーズン加算(春の繁忙期)という名目で値が上がります。ちなみにアートやアリさんマークなどの単身引越し向けのプランは要見積りになります。独身者にとって便利なサービスに単身引越しサービス(各社、サービス名称が変わります)の知名度が高いですが、単身だからと言って、何がなんでも単身パックを使うのが最善ということではないので注意が必要です。コンテナなどに混載できるサイズの専用ボックスに荷物を詰め込めるだけ詰め込むサービスに過ぎないわけですが、仮に、1基のボックスに入りきらない時にはもう1つ専用ボックスが追加になり、2倍の費用になってしまうことも。こういうこともあるので単身パックは万能ではないという真実を頭に入れて見積もりを比べてみましょう。

テレビのコマーシャルによって知られたサービスとなった日通のワンルーム・パックは距離30キロ&作業時間4時間以内という条件があります。残念ながらワンルームパックは、札幌市と大阪間を引っ越す時には利用はできないことになります。

8fgj34

北海道札幌市-大阪間の引越し荷物の梱包に無くてはならないのがダンボールですよね。ダンボールの入手を知らないんだけど・・・、と困っている方もいらっしゃるでしょうが、業者に頼んで引っ越すのであれば業者さんから貰えます。多くの業者ではダンボールは実質タダで提供してくれますが、稀にオプションで別料金の業者も存在しますので見積もり取得の際に確認をしてみてください。格安の業者にお願いしようかどうか迷っている人はダンボール付帯がどのような条件なのかを必ず目を通しておきましょう。

突然の転勤でまたは子育てや介護などで荷造りや梱包をする暇がないと困ることがありますがそんな時は各業者によってサービス名が違いますが「楽々パック・プラン」が便利です。その名の通り本やCD、リビングにある細々したいろいろなものも荷物の箱詰・梱包をしてくれ引越し先での荷解き・配置まで業者がすべてやってくれる最高のサービスです。もちろん費用はその分余計に請求はされますが付加価値の高いサービスとして評判になっています。実は此の間の引越しで私も頼んでみたのですが、お金を払う価値は十二分にあると感動しました!。楽々パックやプランは何から何まで作業してもらうこともアリですが、梱包だけしてもらうようなある部分だけの依頼も可能ですので見積もり時に問い合わせても良いでしょう。少しでも自分でやることによって、それに応じて代金も割安になりますから。

TV番組をネットで視聴することが可能になった今、テレビが家にある必然性があるのでしょうか。札幌市と大阪の引越し時のお荷物となり、それだけ費用もかかります。なので、どうしてもテレビが必要!という方を除き、引っ越しが決まったら廃棄処分することを進言します。引越ししよう!と決めたのならば、今のご自宅で使っていた電気やガス、水道といった公共料金は精算を済ませておいてください。次に、新居に移った後は、公共料金をすぐ使えるように、手続きをなるべく早く済ませましょう。手続きを早く終わらせて、引越し先で素敵な新生活を開始して下さい♪引越しの際に行う水道周りの手続きのやり方ですが、忙しくても2日~3日前までには、引越す前に住んでいた場所にある水道局宛に、水道の使用を停止すると伝えて下さい。連絡をきちんとしておかないと、ずっと転居前住居の水道料金を払い続けるハメになります。新居の玄関先に「使用開始のお届け」なる葉書が準備されているかと思われるので、そちらに必要なことを書いて郵送しておいて下さい。それ以外にも、水道局に直接電話したり、ホームページからも手続きしてもらって構いません。

コメントは受け付けていません。